自己破産のデメリット※破産宣告の前に知っておくべき事まとめ

自己破産のデメリット※破産宣告の前に知っておくべき事まとめ

自己破産のデメリット※破産宣告の前に知っておくべき事まとめ

裁判所を通して借金の全てを免除してもらうことができるのが自己破産です。
自己破産についてまとめてみました。

 

 

自己破産のデメリットってなに?

ブラックリストに載る

自己破産をした場合のデメリットはブラックリスト入りとなります。
ブラックリストというのはいわゆる信用情報のことです。
自己破産をしたことが個人信用情報機関に記録されてしまいます。

 

今後最低でも5年ほどは新たに借金ができません。
ローンにしろキャッシングにしろ、クレジットカードを作ることにしろ、審査をする段階で必ずこの個人信用情報機関をチェックされますので、自己破産の記録が載っている期間は借金をできないと覚えておきましょう。

ブラックリストに載る期間はどれくらい?

だいたい5年~10年と言われているようです。

 

官報に載る

官報とは、国が発行している機関紙です。
また住所や氏名が官報に載せられてしまいます。

一般の方はあまりこの官報を見ることはありませんので、デメリットといっても大きな問題となることはないでしょう。

 

職業の制限

またデメリットには免責が決定されるまでは一定の職業にはつけないということがあります。
警備員や士業(弁護士・司法書士など)の方は免責決定までの間は働けないのでその間は大変なこともあるでしょう。

 

自己破産の流れ

免責が決定するまではまず弁護士か司法書士に相談をします。
すると債権者に対して受任通知を送り、債権調査をします。
※この時点で、取立をストップさせることが出来ます。

 

それから書類を準備して自己破産の申立をします。
あとは裁判所からの返事を待つだけです。

 

自己破産が出来る条件とは?

支払い能力の有無

ただし裁判所で返済していくのが不可能であると認められる必要があります。

 

借金の原因

ただし免責がおりない場合もあります。浪費やギャンブルが原因で大きな借金をした場合には免責不許可理由となってしまうことがあります。その場合は、免責は認められません。しかしその程度があまり重くないようであれば、裁判所によってはそれが認められることもあります。まずは弁護士・司法書士に相談してみましょう。

 





 

失敗しない自己破産のために

シミュレーターをしてみる

法律事務所運営の無料シミュレーションツールです。
※無料・匿名なので安心して利用することができます。

  • 借金が減額できるかもしれない
  • 自己破産以外の方法があるかもしれない

まずはシミュレーションしてみましょう。


⇒無料シミュレーターはこちらから
無料相談を利用してみる

ある程度、イメージが湧いたら、無料相談を利用してみましょう。
無料相談なので気軽に相談してみることが解決への近道です。
実績のある安心の事務所をまとめました。


⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ

 

自己破産の費用について

>>自己破産に必要な費用の平均まとめ

 

任意整理とは?

 

 

自己破産のメリットとデメリット

知名度のあまり高くない消費者金融の場合は、心なしか融資審査基準が緩いのですが、総量規制の対象範囲となるため平均年収額の3分の1を超過する債務があれば、その時点で借り入れは出来なくなってしまいます。
このサイトをしっかり読んでおけば、あなたでも消費者金融において借入のための審査に落ちない為の対策を知ることができるので、労力を費やして借金に対応してくれそうな消費者金融業者の一覧表を探すために検索しまくる必要性はなくなります。
大方の一流の消費者金融業者は、契約が完了した後に指定した金融機関の口座に即日振込がOKの即日振込サービスであるとか、初めて借り入れをされた方には最大30日間の無利息サービスなどを実施しており人気を呼んでいます。
今となっては消費者金融系の業者への申し込みを行う際に、ネットでの手続きを利用する人も増えつつあるので、消費者金融を扱った口コミサイトや趣向を凝らした比較サイトも大量にあります。
当日すぐに融資が受けられる即日融資が必要という方は、その当日の融資に対応できる時間も、めいめいの消費者金融によって異なりますので、きちんと見ておいてください。
どこに融資を申し込むかで相当苦慮するのではないかと思いますが、できるだけ低金利にて貸付を受けたいなら、今は消費者金融業者も選択肢の一つに加えてもいいと本心から思います。

自己破産にデメリットはあるのか

何と言っても優先するべきことは、消費者金融に関しての様々な情報を比較してよく検討し、全部返済するまでの予測を立てて、ちゃんと返せる限度内の額においての慎重な借り入れを行うということなのです。
金利が安い金融会社ほど、独自の審査基準が辛くなっているのは確かです。主な消費者金融業者一覧にまとめた形で提供していますので、まずは融資の審査の申し込みをしてみてはいかがでしょうか。
一体どこにしたら無利息なんかで消費者金融から借入をすることが可能になったりするのでしょうか?無論、あなたも興味を持っているのではないでしょうか。ということで、着目してほしいのが頻繁にTVCMが流れるプロミスです。
限度額、金利、審査の所要時間など思いのほか多くの比較しておくべき点が挙げられますが、実を言うと消費者金融業者間における金利や借入限度額の違いは最近ではおおむねないも同然と考えていいでしょう。

自己破産をする前に知っておきたいデメリット

大抵の消費者金融会社においてのキャッシングサービスの無利息期間は、30日前後になっています。短期間だけ融資をしてもらうのに、無利息で貸し出しOKというサービスを上手に利用できれば、完璧ととらえてもいいと思います。
知名度が低い消費者金融系の会社で、聞いたことのない名前の所を見ると、利用しても心配ないのだろうかと相当不安になるものです。そうなってしまった時に参考になるのが書かれている口コミです。
無利息期間つきのカードローンというのは増えてきていますし、今現在は名の通った消費者金融系のローン会社でも、結構な長期間無利息にしてしまうところが合ったりして面喰ってしまいます。
一週間という期限を守って返済しきれたら、何回キャッシングをしても一週間無利息という消費者金融も実際にあります。一週間は短いですが、返し終われる見込みのある方には、とてもお得だと言えます。
消費者金融の金利については、ローン・キャッシングにそなわる性能それ自体を示しており、昨今顧客は比較サイトなどを便利に使って、要領よく低金利で借りられるローンを比較してから見極めるということが当たり前の時代です。